定期預金を崩すような感覚で、どうしても困ったときは利用してもいいかも

消費者金融、って聞くと、なんだか怖いイメージがあります。金利がすごく高いんじゃないか、返せなくなるんじゃないか、もしかして、怖い人が集金に来るのでは、とか。

 

まじめにやっていれば、一生かかわることなんかないな、と、思っていました。でも、子供が二人とも大学生で、お金がかかる時期だったある日、親類から結婚式の招待状が届いたのです。

 

おめでたいことだし、子供ころにかわいがってもらった親類からだったので、断れません。でも、ご祝儀の3万円と、往復の交通費も含めたら、10万円近くかかります。

 

夫も働いているし、私もパートで働いていますが、恥ずかしいことに、住宅ローンと子供の学費で、まったく貯金ができない状態なんです。クレジットカードにキャッシング機能がついているんですが、翌月一括で払えるわけもなく、リボ払いなんて、何回読んでも意味がよくわからなくて、とても使う勇気が出ませんでした。

 

実家の親に借りようか・・・?80歳近い母に、そんなこと頼めません。そんな時に、学費の振り込みのために入った銀行で、フリーローンというもののポスターを見ました。

 

それもまた、消費者金融、と呼ばれるものなんだそうです。銀行によって、いろいろ商品があるそうですが、私が見たものは、10万円から、パートタイマーでも申し込めるものでした。

 

思い切って、申し込んでみたところ、次の日の午後には、審査が通りましたという連絡が来ました。10万円、1年間で返済という契約内容で、それほど無理はしなくても返済できました。

 

結婚式にもきちんと出席出来て、ご祝儀も包めむことができて、とても助かりました。消費者金融、というと怖かったけれど、身近な銀行でも取り扱っていたのかと思うと、怖がっていたのが、バカみたいだな、と思います。

 

定期預金を崩すような感覚で、どうしても困ったときは利用してもいいのかも・・・と、思うようになりました。もちろん、定期預金と違って、利息は銀行に払うのですから、私の場合は、返済金額が1万円以内、長くても、2年以内に返せるような契約でないと、いけないとは思います。ただ、どうしても困ったときは、こういう方法もあるよ、と、友達にも話しています。