消費者金融には総量規制の規則により必ず希望額を借入れできるわけではない

消費者金融の審査は銀行の審査に比べるとパスしやすいといわれています。そのため銀行のカードローンの審査をパスできなかった人は、消費者金融でお金を借りることができます。

 

しかし消費者金融の場合、自分が希望する額のお金を借りることができない状況が生じます。まず消費者金融でお金を借りる場合、総量規制という規則が適用されます。

 

この規則はお金を借りようとしている人の年収の3分の1に相当する額のお金までしか貸し出しを行わないというものです。この規則は一見すると非常に厳しいように思えますが、総量規制のおかげで借金の未返済の数が激減しました。

 

そのためこの規則は借り入れ人にとって大きな益をもたらしています。しかし借り入れ希望額と借り入れ金額に開きが出てしまうことを思いに留めて置かなければなりません。

 

また基本的には同時に2社以上の消費者金融からお金を借りることはできません。そのためどう頑張っても借り入れ希望額を満たすことが不可能なこともあります。